自己処理はもう限界

ムダ毛に悩む女性
私は本気になって必要ない毛を処理していた時分もあるのです。

衛生的な女子って男性からモテるという話を耳にして、なるだけクールさを持っていたいと考えました。

だからクールさを厄介する必要ない毛を本気になって剃っていたのです。

そうやって処理して処理して毛深い自身を命懸けで隠してきました。

でもそれも限界だなと感じスタート出来たのです。

限界を感じた所以は必要ない毛の処理の大変さに音を上げたわけではないのです。

必要ない毛の処理をするのにすごく時はかけていましたが、元来は我慢強い性格なのでそれは安心でした。

必要ない毛が無くなって美しいになれるのなら処理に費やす時なんて気にしないと思っていました。

でも限界だったのです。

私は必要ない毛の処理をしすぎて肌が黒ずみました。

毛穴が黒ずんで汚い肌へと変わってしまったのです。

それ以来どんなに必要ない毛を剃ろうと抜こうとも黒ずみが著しくなってしまうようになりました。

このせいで脱毛する他、対処のメソッドがないと言うところまで追い込まれたのです。

こうして私は脱毛を受ける事にしました。

「脱毛しないともう理不尽だ!」という結論に達したからです。

脱毛はお金が必要になるのであまりしたくなかったですが、黒ずみができて脱毛を回避する手法が見つからなくて脱毛したのです。

こうして現在は必要ない毛なしのお肌になりました。

この成果を見て現在はなぜあんなにまでに脱毛を嫌がっていたんだろうと不思議になります。

それくらいに脱毛後の実際の状況に喜びしています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です